クライミングクレーン 95000.jpg

今年は、『センター開設40周年』を迎えます

西尾の揚重機部門(現、建築機械部)は、10月1日に、センター開設40周年を迎えます

[現在の八街市に移転(1987年)してからは、28周年になります]

私が入社した1988年4月1日は、バブル期でとても忙しく、建機千葉センターでは

PIAT,プロスパーのエレベーターに加え、OTS-15N~OTS-120Nのタワークレーンの整備で忙しく

ケレン・塗装にとても人が足りない状況で、3K(キツイ・汚い・危険)職場の代表でした

クレーンの購入も進めていましたが(100N×20台、120N×32台)当時、パワーリーチE-40を残すだけの

センターに機械が何も無い状況となり、バブルの絶頂期となっていました

その後、返却ラッシュとなり、建機千葉センターでは置ききれない状況で、天国から地獄。

その後は、OTA-230Nを導入したり、OTA-450N・600Nの大型機を導入。紆余曲折もありましたが

JCL700NK×6台、JCL500NK×10台、そしてついにOTA-950HN×2台導入を受け入れるセンターになりました

(工場電気設備更新や敷地の拡張工事、20t門型クレーンの新規設置など、増強対応しております)

そして40周年を迎えるこ今年は、【建機千葉センター改革】が進んでいます

『安心出来る機械の提供』を行い、更にユーザーに信頼される機材センターになるべく、皆、頑張っております

是非、ご来場頂き、その目で見て、ご意見頂ければと思います

                                                                   S.T

PA041577.JPG

新機種情報

センター紹介

中古販売

シミュレーション動画

PDFシステム

 

ニシオワークサポート株式会社
Google

      WWW を検索
      サイト内 を検索